水道管の水を止めることなく水道管の工事を実施して完了することができる工事の方法が不断水工法です。

水道管の水を止めることになると、断水に伴うさまざまな影響が発生しますので、工事自体の影響だけでなく断水による影響について周辺の居住者や建物の利用者へ説明を実施することが必要になるなど、別の問題やコストが発生するものです。

特に工事期間が長期化する場合には、工事以外の補償に関する費用が大きくなることもあり、影響の少ない不断水工法が大きく普及してきたことの要因として挙げることができます。

送水管や排水管などの水道管に、新しく別の水道を分岐させたいという場合は、既設の水道管に何らかの方法で穴を開けて分岐部分を作成することが必要です。

その際に水の流れをしっかりと止める事が必要で、工事箇所の近くにあるバルブを閉め、水の流れを遮断して行うこととなります。

不断水工法は、このバルブによる止水を工事現場のごく狭い範囲で行うことができるようにする工法で、ピンポイントでの工事となりますので周辺への影響を与えないというメリットがあります。

一時的に止水バルブを設置するという方法以外にも、水道管を凍結させて物理的に水流を止めるという方法もあります。

現場の状況に応じた工法がいろいろと各業者によって開発されており、工事の場所や工事の予算、現場の配管の状況などによって最適な不断水工法を選ぶことが可能になりました。

実際に工事を行う段階の前に、入念に調査をすることでより確実に工事を実施することができます。実績が豊富で施工技術の高い業者に依頼することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *