不断水工法は、圧送管路で併用開始した後に通水をしたままで分岐やバルブの設置が出来る工法です。

この工法は上水道の吸水分岐をするときに本官を断水しないで施工するために開発されたものです。下水圧送管でも空気弁の追加設置やバイパス管路のための分岐設置、バルブの追加設置にも採用しています。

また、不断水工法は圧送ポンプ運転時も少しの管内水の排出だけで分岐とバルブ設置が出来ます。今後の圧送管路の多条化や切り回し配管に活躍するといえます。

不断水工法の施工手順は、最初に.既設圧送管の分岐取付部分の掘削してから、割T字管と呼ばれる既設管に設置が出来る分割方のT字管を取り付けます。そして仕切弁を付けます。

次に不断水穿孔機という特殊なコアカッター上の穿孔機を仕切弁に取り付けます。それから仕切弁を全快にして穿孔機を動かして既設圧送管を穿孔しますが、切削する既設管の管片は水圧で穿孔機側に押されて切屑と一緒に穿孔機内に取り込まれます。

最期に穿孔が完了したら仕切弁を全開にして穿孔機を撤去します。断水をすることなく既設管の分岐工事を行えのが不断水工法で、断水をしないため断水をするための告知や給水車の手配、工事が終わった後の管内の清掃など工事にかかる手間も削減できます。

蛇口から水が出ることが当然となっている現代では断水して工事を行うことが難しくなっています。そのため通水状態のままで施工出来る工法を使うことも増えています。

不断水工法には本管から給配水のための枝管の取り出しをする分岐工法と、本管の切断部に仕切弁やプラグ、ストレーナーなどを挿入するインサーテイング工法があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *