一般家庭における水道水の使用量は年々増加傾向にあります。

調理や洗濯、入浴やトイレなどのさまざまな日常生活のシーンで水道水が利用されており、何らかの現任によって断水が発生してしまうと大きな影響があります。

インフラの中でも電気と水道は圧倒的に重要な地位を占めており、特に健康と生命維持に必要な水は最優先で供給が求められるほどに重要なものとなっています。

現在の社会基盤においては、水道水が長時間にわたって使用できないという状況は可能な限り避けたいものです。そのような状況であるものの、水道管からの漏水の修理や分岐水道管の設置などの工事が必要となるケースも少なくありません。

しかし、工事に伴った断水が発生することはあまり見られなくなりました。それは不断水工法が普及したことによるものです。

不断水工法は、水道を断水することなく通常使用を可能としたまま工事を実行できるようにする方法で、水道工事に関係する多くの業者がそのノウハウを有しています。

別の水道経路をバイパスさせるように設けて通水状態を確保する分岐工法や、限られた区域内を一時的に工事が可能な状態にするための凍結工法など、工事を実施する場所の様子や状況に合わせて適切な不断水工法を採用することが望ましいでしょう。

施工実績のある専門の水道工事業者に総工費や工期などの見積もりを依頼し、どのような不断水工法を実施するのかをきちんと把握しておくことも重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *