水道工事の場合、今までは水道の水を遮断して工事をするのが当たり前でしたが、昭和34年頃に割T字菅が開発され徐々に不断水工法で行う水道工事が増えています。

不断水工法は、まったく水道を止めることなく工事するため、食品工場、病院、飲食店など水を大量に使う店舗などは、業務を中断することなく工事ができるようになったのです。

家庭でも水道が断水することがあると、断水する時間内では水道が使えないので、水を使う分だけバケツなどに貯めておかなくてはならずとても煩わしく、不便を感じたものです。

営業している店舗などは水道が出ないということは、断水する日を臨時休業にしたり、断水している時間を準備中しなければならないこともあるので、売り上げに直接響くことになります。

不断水工法なら、こういった問題を解決でき、水を断水させて行う工事のように、水を出すと空気が噴き出したり、錆の混じった赤い水も出ることはありません。

施工する会社側も家庭や店舗などに断水通知を配布することもなく、工事が終わった後の洗浄排水なども省くことができるので、工期の短縮にもなるのです。

不断水工法には、水道の本管から分岐菅で取り出す分岐工法と本管の切断部に仕切弁などを取り付けるインサート工法があり、どちらも本管に穿孔機で穴を開けます。

本管の水圧が高いので工事の際は熟練された技術が必要です。不断水工法は、水道を遮断して起こるあらゆる弊害に対処できる画期的な工法なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *