不断水工法とは、水道管の工事を行う際に水を止めずに行うことができる工法のことをいいます。

しばらく前までは、水道工事を行う際には断水して行うのが一般的でした。しかし現在では、水が制限されることは全くといっていいほどありません。

水は料理をする際やトイレ、洗濯など様々な場面で使用されています。そのため水道は日常生活に欠かせないライフラインで、止められてしまうと非常に困ってしまいます。

水道管が設置されてから、長い年月が経過しています。そのため老朽化も進んでおり、補修やメンテナンスを行う必要があちこちに生じています。

老朽化した水道管をそのまま放置しておくと、破損して水漏れが起こってしまうなど大事故に発展しかねません。特に水道管が設置され始めた頃のものは耐久性が今よりも劣っているので、強度が十分でない場合も多くあります。

そのため地震や災害などが発生した際に、破損してしまうことが十分に考えられます。老朽化している水道管は、早急に取り替えるか補修やメンテナンスを行う必要があります。

不断水工法で水道管の工事を行うと、水を止める必要がないので大勢の人の日常生活に支障が出ることはありません。不断水工法には、分岐工法やインサーテイング工法といった種類があります。

分岐工法は、本管から給配水するため枝管を取り出す工法のことをいいます。インサーテイング工法は、本管の切断部にプラグや仕切弁などを挿入する工法のことをいいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *