不断水工法での分岐管作製では、ある意味で乱暴とも思えるような方法を取ります。

普通、水道管に分岐を新しく設けたいという場合、その部分のパーツを直線状の水道管からT字状、あるいはY字状のパーツに取り換えることを考えるでしょう。常識的な物の考え方ですが、このようにパーツを取り換える場合、基本的にはその部分の水道は一旦止めざるを得ず、不断水工法は行えません。しかしここで大胆な発想があります。

パーツを取り換えるのではなく、その水道管に穴を開けて新しい管をつないでしまえば良いのではないかという考えです。そんなことをして問題はないのか、既存の水道管に穴を開けるなど犯罪行為にもなりかねないのではないかと思われるかもしれません。確かに素人が勝手にそんなことをしては水が吹き出してきて危険ですし、もちろん犯罪にもなってしまうでしょう。

しかし、きちんとした能力のある工事会社、許可を受けた工事会社であれば問題はありませんし、実際、このようなある意味で乱暴と思える方法も認められています。いくら不断水工法とはいっても既存の水道管に穴を開けるなど、結局は水が吹き出してきて工事にも何にもならないのではないかと思われるかもしれませんが、そこは技術が解決します。

先に新しい管をつないでしまってから穴を開けるのです。穴を開けては強度が低下してしまうのではないかという危惧はもっともで、確かにそういう危惧はありますが、そこも強度を補うような工事を行っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *