既存の水道管に分岐水道管を新しく作りたいという場合、常識的な考えではその部分の水道管を取り換えることになるでしょう。

T字状の水道管に置き換えることで、分岐管を作ることができます。ですがこの方法では不断水工法とすることは困難です。全く不可能というわけではないのですが、既存の水道管を新しいものに置き換えるのですから、工事中はそこに水を流すことができないのは当然です。ですが、別にT字管に置き換えずとも、既存の水道管に穴を開けることができれば結局はT字管と同じ役割を果たすことができるはずです。

そんな馬鹿な工事の仕方があるかと思われるかもしれませんが、一般人の考えではそうであっても専門家にとってみればこれは決して冗談でも非常識でもありません。種も仕掛けもなく、既存の水道管に穴を開けることで分岐管を作るという工事はこれまでも行われてきましたし、今もきっとどこかで行われています。この方法ですと既存の水道管を新しいものに置き換えるわけではありませんから、工事中もそこに水を流し続けたいと思えばそうすることができ、不断水工法になり得ます。

もちろん単に穴を開けることさえできれば不断水工法が成立するわけでは決してありません。水が流れている管に穴を開ければ水がそこから噴き出すのは当然です。また、水道管に穴を開けるわけですから強度が低下するという問題もあります。これらの問題を技術的にクリアできて初めて行えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *