不断水工法では時として常識外れとも言えるような発想で工事を行います。

凍結による不断水工法とは何のことだろうかと思う人も多いでしょう。水道管が凍結して破損してしまったので、それを不断水工法で修理する工事のことかと思ったかもしれません。このようなイメージは決しておかしくありません。水道管にとって凍結は避けるべきもの、起こしてはならないものというのが当たり前の発想であり、普段はみんなそのようにしています。

ところがここではそういう意味ではありません。常識的には凍結を避けるべき水道管について、何と意図的に凍結させてしまうことにより工事を行おうというのです。こんなことをして本当に大丈夫かというのは誰もが思うでしょう。誰でも知っていることですが水が氷になると膨張して体積が増えます。その圧力によりたとえ鉄製の水道管でも破壊されてしまうくらいのものです。ですからむやみやたらに凍結させるなどはできませんが、膨張による体積増加と、それによる圧力で水道管が破損してしまうようなことをうまくクリアできれば、凍った氷はいわば水栓の役割を果たし、水が吹き出すのを心配することなく安全に水道工事を行うことができます。

もちろん考えないといけないことはそれだけではありません。いくら凍らせても、そのまま滑って出てきては水栓の役割は果たせません。あるいは、屋外も含めた工事現場で、現実的な時間やコストで実際にどうやって冷やして凍らせるのかという問題もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *