不断水工法での水道工事にはいくつか方法がありますが、その一つに水道管をわざと凍結させるという方法があります。

水道管を凍らせては破損させてしまうのではないかと思うでしょうが、そこはあくまでもコントロールされた冷やし方で、しかも一部分だけを凍らせるので水道管が破損するようなことはありません。凍った氷が水をせき止めることができるので、その間に安心して水道工事が行えることになります。もちろん水を凍らせる以上、そこは水はストップしてしまいますから断水するのですが、それでも不断水工法と呼ぶのはそれ以外のところで断水を起こさずに済むからです。

工事をしたい部分だけピンポイント的に水を止めることで済むのが十分に意味があるために、不断水工法と呼ばれています。水を凍らせる以上は冷却する必要がありますが、このために用いられるのは液体窒素です。液体窒素は空気中にも含まれる窒素ガスを冷やして液化させたもので、温度はマイナス200度程度にもなります。発泡スチロールのようなもので工作をし、凍らせたい部分の水道管のみを覆うような即席の容器を作ることを想像すれば分かりやすいでしょう。

その中に液体窒素を入れてもこぼれたり漏れたりしないような即席の容器を作るとともに、その中を目的の水道管が貫通しているというイメージです。これでその水道管は強力に冷却され、管中の水は凍って氷になり、不断水工事が行えるという仕組みになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *