水は人間の生活において一番大切な存在です。

電気も生活に欠かせない存在なのは確かですが、水が止まる事は生命の危機に関わる重大な事です。よって水道管の工事を行うにあたっても最小限の断水に留めておく必要があります。以前の水道管の工事と言えば、水の流れを完全に止めてしまう断水を行う事で施工を行っていましたが、現在では殆ど行われていません。大規模な水道管工事となれば話は別ですが、主流は水を止めない不断水工法が採用されています。

不断水工法では、既設配管の分岐を行いたい個所に専用の機器である割T字管と呼ばれる分岐機器を設置します。その後方には締め付けバルブをセットし、更に穿孔機のセットを行います。穿孔ドリルにて既設配管に孔あけを行い水を取り出します。孔をあけただけであれば水が溢れだすので、バルブを閉め付して止水を行います。穿孔機を取り外しすれば、その後の配管作業が可能となります。この際、既設配管の孔あけで金属屑が本管内に混入する心配は要りません。水圧により外に押し出されるので安全なのです。

不断水工法のメリットは、水を止めないで施工できる他にも工期短縮や経費削減が大きいのが特徴です。在来の工法では何日も前から周辺に、断水の通知を行い場合によっては給水車の手配も必要でした。また、工事終了後には赤水が出るなど多大な迷惑をかけていたのも事実です。様々な事項で不断水工は利用価値が大きく、現在では殆どの業者で採用している工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *