私達にとって生活に欠かせないライフラインに、水と電気があります。

人間の身体の大部分を占めるのが水分で、体内水分量が少なくなれば生命の危機となります。水道の工事と言えば一昔以上前までは、完全に水流を止めて作業する断水が行われていましたが、現在の主流となっているのが不断水工法となります。本管の水の流れを妨げる事無く、分岐作業が行えるので近隣住民の生活に支障をきたす事無く安心して施工ができます。

インターネットが普及している現在の社会では、電気工事は停電をさせないで配線の入れ替えや分岐が行える時代となっています。水道管の工事でも同様の事が求められているので不断水工法は理想的な施工方法なのです。実際の施工では、本管尾分岐したい個所に割T字管と呼ばれる専用の分岐器具を接続します。本管に孔をあけ分岐しますが、このままでは溢れだしてしまいます。そこで割T字管にバルブ器具を接続しておき、更に穿孔機を取付け作業を開始します。水が溢れだしてきたらバルブを締め付けすれば止水します。

穿孔機は取り外しすれば、以降の配管作業は普通に行えます。この際気になるのが、本管孔あけの際に生じる削り屑です。本管内に混入するのではと心配になりますが、水道管圧力で外に押し出されるので大丈夫です。不断水工法では、在来工法の様に施工終了後に赤水がでる事も無く後処理が簡単なので非常に綺麗な仕上がりができます。工期に関しても短縮できるので経費削減にも繋がり、お客様には安く工事を提供できます。様々な面でメリットが大きい工法で多くの施工業者が採用している現在の主流工法なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *