不断水工法は水道工事の工法の一つで、工事をする時に水を止めずに工事できる方法です。

1950年以降に割りT字管が開発されて使われるようになりました。割りT字管の開発によってそれまで水を止めて工事するのが当たり前だった水道工事が水を止めずに工事できる不断水工法に変わっていきました。不断水工事が主流になってしばらくは割りT字管を使った分岐工法が主流でしたが、その後さらなる技術開発によって液体窒素を使って行う不断水凍結工法なども使われるようになっています。

不断水工法で水道工事を行うメリットは工事をする時に水を止めなくて済むので、対象となる地域に影響が出ません。業者からしても断水をする場合は各家庭に告知をする手間がかかりますし、対象に病院などの施設があれば給水車の手配も必要になります。一般家庭に給水車を用意するまではできないので、家庭では組み水をして対応する負担が発生します。しかし不断水工法を使えばこれらの負担が全て解消される大きなメリットがあります。水道工事の作業の工程で断水をする工事の場合は通水する前に管内を清掃しないといけません。

また通水してしばらくは水が赤くなる事があるので、しばらく流したまま放置しないといけません。不断水工法の場合はこれを行う必要がなくなるので、工事に必要な時間が削減されます。さらに作業が減る分だけ人件費の削減にもなるので、工事を依頼する側の費用負担も間接的に軽減されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *