不断水工法は上水道や下水道などの配管工事を既設されている管内の水の流れを停止させないで行う技術です。

既設した管内の水の流れを停止するには古いバルブを締めることになります。古いバルブは一般的に赤錆などが付着していて、動かすと剥離し水が濁ってしまいます。配管内の水の濁りをきれいにするには分岐管などを設置しなければならず清掃が必要です。バルブが工事する場所の付近にないと広い範囲において断水が生じ、断水対策として住民に告知したり給水車の手配といった付帯作業が必要になるでしょう。不断水を利用すると清掃や告知などの付帯作業を省くことが可能です。

従来既設管内の水の流れを停止してから作業が行われていましたが、最近では不断水工法が普及しています。不断水工法は分岐工法や凍結工法があり、分岐は割T字管や仕切弁・穿孔機などを使用し機械的に穴を開ける方法です。穿孔機はドリルが付いていて、仕切弁を開放し穴を開けています。既設管の切屑がやや発生しますが、水圧で押し出すことができ穿孔機に取り込まれるようになっています。凍結の場合は液体窒素を使って工事部分の両端を凍結し、バルブ代わりに利用することが可能です。

バルブがなかったり遠い場所での作業に便利と言えるでしょう。例えば営業しているデパートをフロア毎に配管工事を行う場合、凍結がおすすめです。分岐や凍結も既存のバルブを動かさなくても良いので赤錆剥離は起こらないでしょう。凍結において部分的な断水が起こりますが、通水状態をほぼ維持することができます。清掃や周辺住民へ告知といった対策が要らないので、工事期間を短縮することが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *