圧送管路内で供用開始後に通水状態で分岐の設置、バルブの設置などを行えるのが不断水の特徴です。

上下水道の給水分岐時には断水が必要です。断水すると当然ではありますが給水が停止になり、様々な支障を来す事になります。そのため事前に断水が行われる事を告知しておく必要があります。但し、場所や施設などにより断水が出来ないケースもあるため、こうした工事手法が誕生したと言われています。現在、不断水工法には色々な手法が用意してあるのですが、専門企業が独自に開発を行った工法で工事が出来ます。

工法にはそれぞれ呼び名が付けられていますが、呼び名は独自に企業が名付けているものです。施工手順や使う器具、設備などは会社毎に異なりますが、共通点は断水せずに工事が出来る点です。病院施設の中には通水が止まると患者さんへの悪影響を与えてしまう施設もありますし、工場施設などの場合も通水がストップしてしまうと生産が出来ない、一度通水を止めると復旧するまでに数時間から数日間を要するなどの場合には断水は大きな支障が起きてしまいます。

断水が必要な工事を行う時には休業日などに行うケースが多い、休業日は他の工場も同じように工事を行う関係からも業者も受注量が多くなり、希望日に工事が出来ないケースもあるのではないでしょうか。その点、不断水工法を使った施工は通水状態で行えると同時に、いつでも配管の交換やバルブの取り付け、通水路の新設工事が実現します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *