生活をするうえで水は重要なものですが、その水は上水道においても下水道においても配管が重要です。

配管がなければ各家庭や事業所に水をいきわたらせることはできません。その配管を工事する際に問題なことは配管を工事するために断水が起きることでした。配管を工事するのですから配管の中を流れる水を止める必要があるからです。しかし、新たな工事方法が考え出され断水をせずに工事をすることができるようになりました。それが不断水工法です。

不断水工法が考え出されたことで断水する必要がなくなりお水を利用する各家庭や企業に不便を強いることがなくなりました。断水するときは告知や給水車の準備などいろいろな作業をしなければいけません。そうした作業をしなくてよいことは大きなメリットです。不断水工法には分岐工法と凍結工法の2つがあります。分岐工法は割T字菅と仕切弁、穿孔機を使って穴をあける工法です。

穴をあけるにはドリルを使いますが、切屑は水圧で押し出されますので穿孔機に取り込まれ出ることはありません。凍結工法は液体窒素を活用する方法ですが、工事部分の両端を凍結させてバルブの代わりにします。遠い場所での作業やバルブがない場合などに活用する方法です。不断水工事は価格が高くなるイメージがありますが、実際は料金が低めに設定される可能性があります。その理由は従来の断水を行う工法に比べますと大幅に工事期間が短縮されますので人件費などのコスト削減につながるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *