水道管工事を行う際に、断水をする必要の無い工事を不断水工事と言います。

水道管を止めることなく、既設管に分岐管を取り付けて行います。以前であれば、水道管工事をする場合は何週間も前から地域住民に知らせ、断水をして行っていました。しかし住居や建物が増えたという背景もあり、福祉施設などにおいてライフラインを断つのは良いやり方とは言えません。不断水工法は新しい方法で、分岐工法や凍結工法が開発されました。不断水工法の特徴は水道管工事による断水のお知らせの必要が無いということと、工事期間中の給水車の手配も不要な点です。

お風呂に水を張って断水に備える手間も無いので、断水によって住民に与えてしまう影響を根本的に取り除くことが出来ます。工事に関しては、断水中に配管が汚れることが無いので作業後の清掃を行う必要も無く、作業もすぐに完了します。また、工事費を抑えることも可能となりました。不断水工法の施工手順は、始めに既設管に割T字管や仕切り弁を取り付けます。次に穿孔機を用いて既設管に孔を開けていきます。

孔を開けたら穿孔機を後退させ、仕切り弁を閉じます。穿孔機を取り外して分岐管の配管を行い、仕切り弁を開けて水をそちら側に通すことで、それ以降の配管作業が可能となります。既設管に孔を開けた時に削りクズが出ますが、配管圧力によって外に出されるため混入の心配はありません。蛇口をひねって赤い水が出る心配も無いので、地域住民にストレスもありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *