不断水は水の流れを止めずに行われる工事で、近年はこの方法が主流となってきています。

これまでのような水を止めて行う工事では、周辺住宅への影響が多大となっていました。それが不断水工事では断水することもないため、近隣住民への告知を行わずに作業をできるので非常に負担の少ない方法として考えられています。水を止めずに工事する方法としては、特殊な工具を利用して一時的に水の流れを変えて、必要な部分の修理や交換などを行います。不断水工事を行う前と後には、入念なチェックをしなくてはなりません。

特に水が止まらないように新しいルートを作る工具には、注意しなくてはなりません。工具に含まれる不純物のため水が汚染されていないか、または工事終了後に不純物が混じって仕舞う不具合がないかなど十分に確認することが重要となります。これを怠ってしまうと、各家庭に危険な水を供給するリスクを発生させることになるのです。

工事の予告がされていないために、危険物が混入している可能性さえ知らずにトラブルとなる可能性も秘めています。ですが不断水は利点も多くあります。それは水の供給を止めないため、工事そのものをゆっくりと行うことが出来るてんです。水を止めると早く工事を終えなくてはと気が急いて、きちんと修繕ができないかもしれません。家庭や医療施設・飲食店などでも、水はなくてはならないものです。不断水工事ならば従来の配管清掃も行われない為、赤水など汚染水が出る心配もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *