不断水工事とは水道工事の方法で、分岐工法と凍結工法の2種類があります。

その名の通り断水をせずに工事を子行う方法で、断水して工事をする場合と比べて様々なメリットがあります。分岐工法では割T字管と仕切弁を穿孔機に取りつけて、仕切弁を全開にした後にドリルを使用して既設管に穴を開け仕切弁を閉じます。穿孔機だけを取り外して、仕切弁の先にバルブをつけます。これによって通水した状態で作業ができるので、断水をしなくても工事が行えます。

凍結工法は液体窒素を利用して作業する場所の両端を凍結させて、バルブの代わりとして機能します。断水をして工事を行わないといけない特別な条件である時以外はこの二つの不断水工事のいずれかで作業する事が殆どです。断水工事を行った場合は作業終了後に通水すると赤錆が混じった水が流れるので、しばらくは水を流しままにしないといけません。不断水工事の場合は通水したままなので、工事が終了したらすぐに水道の水を利用する事ができます。

また断水した時は作業終了後に管内の掃除をする必要がありますが、断水をしなければその手間もありません。断水をする場合は作業開始から終了まで水が使えないので、対象地域に水が使えない事を告知しないといけません。水が止まる地域に病院や飲食店などがあれば給水車を用意しないといけないので、コストもかかります。一方で不断水工事ならこれらの手間やコストがかからないメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *