水道の蛇口からいつでも綺麗な水が途切れなく出るのが当り前となっている現代においては、常に上水道と接続していることが前提となっている住設機器も多いため、断水を実施して水道工事を行うことは困難となっています。

通数状態を継続したまま工事をすることのニーズが高まっており、基本的には断水を発生させない不断水工法を用いた水道工事が主流となっています。通水状態で施工が可能となる不断水工法には、本管から給水のための枝管を取り出して行う分岐工法や、切断した本管の部分に仕切弁やストレーナーを入れて水の流れを遮断するインサーテイング工法があります。

止水の方法が機械やバルブによって物理的に行う方法以外にも、きわめて低温の液体(液体窒素など)を利用して凍結させて止水を行うという方法も開発されています。枝管を取り出してプラグなどで物理的に遮断する方法においては比較的規模の大きな工事であったり、作業スペースが広く確保されている場合によく用いられます。工事期間が長いことが想定される場合や、工事箇所が多い場合などの現場で採用されることの多い工法です。

凍結による不断水工法は、径の小さな給水管であったり、漏水の修理であったりと、短い時間で工事が完了し、止水場所が限定的であるケースなどに適しています。どのような不断水工法で作業を実施するかにおいては、工事実績が多く信頼性の高い水道工事業者に依頼をして検討することがおすすめです。安心感のある工事を実現するために、現場確認は必須となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *