住宅が数多く集まる地域において水道管の分岐工事を行う場合には、断水による影響を防ぐ必要があります。

インフラとして水道が完全に普及してからは、一時的であっても水道水が使用できなくなるという状況は大きな問題を引き起こす可能性があります。バルブを閉めることによって発生する赤サビの混入も、上水道としての機能を損なうこととなりますので避けなければなりません。

そのために不断水工法を用いた水道工事が一般的となっています。多くの場合、住宅地での水道工事は、漏水の修理の他に消火栓の新設やメンテナンス、宅地拡大のための本管分岐などとなります。工事規模の大きさや現場の状況などに合わせて適切な不断水工法を採用することが重要です。

限定的な部分を工事するのであれば凍結法、大規模な工事の場合には分岐工法などが適切です。公共施設やビルなどの建物の場合においても、重要な水道管を止めることによってフロア全体が断水となる場合があります。多数のテナントが入居している場合などには補償費用も発生しますので、断水が発生しない不断水工法を採用することがベストでしょう。

配管の状況によって異なりますが、最もコストを低く抑える方法について現場を確認し、水道工事業者に見積もってもらうことが重要となります。工事の種類や見込み工事期間の兼ね合いで、適切な不断水工法が異なりますので、施工実績の豊富な信頼性の高い業者に工事を依頼することが安心でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *