組み込みのソフトウェアの特徴

###Site Name###

組み込みシステムとは、家電製品やいろいろな機会に組み込まれるシステムを指します。
家電製品には大規模なシステムは搭載されていません。



カデンセイヒンを制御するための最低限の機能だけが備わっていて、これらはハードウェアの一部として提供されていますが、ソフトウェアをハードウェアに組み込んだものとしても解釈できます。

家電製品だけではなくて産業用機器、医療機器など、電子的な制御を必要とするものの多くに用いられています。
パソコンにインストールするソフトウェアと比較すると、特徴がよくわかります。


組込みシステムでは、それぞれの製品に特化して作られるのが一般的です。



パソコンの場合、共通した規格のハードウェアに対してソフトウェアをインストールすることになりますから、異なるパソコンであっても同じ規格であれば同じものをインストールできます。


組込みシステムの場合、ハードウェアとともに開発されますから、そのハードウェアに特化した機能しか持たず、別のハードウェアでは別のシステムを持つことになります。

家電製品などではコストを下げることが求められますから、最低限のメモリやCPUで動作しなければならないという製薬もあります。


たくさんのチップを搭載するのではなくて、単一のチップだけで機能するようなシステムが必要とされるのです。



組込みシステムもソフトウェアの一種だと考えられますが、汎用的なものではなく、特定のハードウェアに特化しているという点が特徴的です。