仮想化基盤とはなにか

###Site Name###

仮想化基盤という用語が使われるようになっていますが、実際に意味を知る方は少ないようです。

仮想化基盤とはコンピューターを物理的な区分けから仮想的なアイテムとして考えることです。

仮想化基盤においてコンピュータは個々の物体ではなく、CPUやメモリなどをアイテム化してソフトウエアから操作できる単位です。

仮想化基盤ではソフトウエアでコンピュータを作り出します。

実際にOSが走り、ファイルを作れ、普通にアプリケーションが動くコンピュータです。

しかし、実際には物理的なハードウエア上で動いているものであり、その仕組は複雑です。仮想化基盤を作り出す理由は効率性です。

効率よくハードウエアを利用することとはコンピュータが処理能力が高まっており、1つのOSを立ち上げておくにはもったいないことから考えだされています。

wikipedia情報を集めました。

ハードウエアの効率のよい利用とはそれぞれのハードウエアが適切な使用率で使われ続けることです。

Nutanixの専門サイトのココです。

例えば1つのOSでは利用されないCPUやメモリ時間が発生します。


その間、別なOSを立ちあげられればCPUやメモリなどを使い続けられることになります。

ハードウエアの継続的な利用は高機能かするハードウエアにとっても理想的です。



仮想化したコンピュータをOSにそれぞれ効率よく配置することで使われない無駄な時間をなくすことを目標にしています。

また、複数のOSを立ち上げられることでこれまで複数台で行っていた処理を1台で行えコスト面でも利点が多いです。