オープンソフトウェアが普及した引き金

###Site Name###

現在ではオープンソフトウェアは多くあり、実用に耐えるものも多く開発されて公開されています。

通信技術が発達した頃からソースコードを公開すると言ったことはなされていましたが、現在のように大きく普及したのはネットスケープナビゲーターというブラウザソフトからだと考えられています。

かつて、ネットスケープナビゲーターは多くのシェアを持つブラウザでした。

珍しいwikipediaを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

しかし、Windowsが登場してInternetExplorerの利用者が一気に増えると、ネットスケープナビゲーターは一気にシェアを落としたのです。



これを立て直すためのプロジェクトが発足しました。



開発に多くの技術者の参加を推進し、開発や供給に誰でも参加できるような状態を作り上げたのです。

この当時、ソフトウェアは企業にとって重要な知的財産ですから、ソースコードを公開すると言ったことは行われないのが普通で、ごく一部のエンジニアがその内容を知っているだけでしたから、この試みは非常に画期的なものだと言えるでしょう。
限られた技術者だけで開発をするよりも、多くの技術者で開発をしたほうが良い物が生まれる可能性は高いと言えるでしょう。
オープンソースソフトウェアについては、OpenSourceInitiativeという機関が開発スタイルを具体的に定めています。

オープンソースという概念は、もともとはコンピュータにおいて作られたものですが、現在では様々なテクノロジーに応用されています。